公認会計士に見事合格するミラクル戦術|社会人のための勉強法

勉強する女性

仕事と勉強の両立

女の人

社会人が公認会計士を目指すと決めた時に、最初の分岐点はどうやって勉強するかです。公認会計士は国家試験の中でも、とても難関です。そのため勉強方法がとても大事になります。特に、社会人の場合は、毎日仕事をしているので、勉強する時間を作ることがとても大変です。どうやって勉強をするかで、公認会計士の合否は決まるでしょう。

最近は社会人のための通信の専門学校もあります。通信の専門学校で、公認会計士の合格を目指す人も多くなっています。通信の専門学校では、社会人のために、土曜日や日曜日に集中して授業を行います。平日は、仕事が終わる夕方7時から授業があります。そのため、仕事を終えてからでも、公認会計士の勉強をすることが出来るのです。また、希望者には、通勤前の時間帯も講座を受けることが可能になっています。仕事が忙しい社会人でも、しっかりと合格までサポートする体制が整っています。仕事と勉強の両立が出来るのが、通信の専門学校の特徴です。

通信の専門学校は公認会計士のコースがあります。そのため過去の受験問題から本番に向けて、受験対策を行ないます。受験直前は新しい知識を頭に入れるよりも、知っている問題の理解度を深めるほうが良いのです。ですから、受験直前には、通信の専門学校独自の受験対策を行ないます。これにより、毎年公認会計士に合格者が出ています。社会人で公認会計士になることは大変なことです。しかし、社会人の経験を活かして、公認会計士に合格して、キャリアアップを目指しましょう。